カチッとワンプッシュで書けるキャップレス万年筆 パイロット FCN1MRBM【 レビュー記事 】

商品レビュー

この記事は、カチっとワンプッシュで書きはじめられるキャップレス万年筆のレビューを書いています。

キャップレス万年筆の書き心地、使ってみた感想、インクは乾かないのか、ほんとにワンプッシュで書けるのか質問に答えられるように記事を書きました。

キャップレス万年筆は、万年筆のフタをあけるのがめんどくさい。ボールペンのようにすぐに書ける万年筆を探している方にオススメです。

アイディアが浮かんだ、授業中や仕事中にメモをとる必要があるけど、万年筆のフタをあけるのがめんどくさくてメモをとらなかった。あとで失敗した、損をした、そんな経験ありませんか。キャップレス万年筆をしのばせておけば、さっとメモをとれます。

レビューした万年筆はパイロットの『 FCN1MRBM 』です。キャップレス万年筆は1万から2万の商品がおおいです。FCN1MRBMは、1万円以下の商品です。

1万以下ですが、FCN1MRBMの造りはしっかりと堅牢。すこしペン先が硬く感じられます。しかし、ばっちりワンプッシュでペン先がとびだし、すぐにメモをとれます。

キャップレス万年筆の構成・仕組み

黒とシルバーのいたってシンプルな造りです。もった感じは軽くはなく、すこしズッシリとした重さ。500円硬貨を4~5枚もったような重さです。

中央がねじ式になっており、二つにわかれます。

ペン先をするりとぬきます。ペン先の反対になるシルバーの部品は飾りです。この状態では、インクをいれらません。

えんぴつにかぶせるようなシルバーの部品をはずします。FCN1MRBMにインクをいれる方法は、カートリッジかコンバータの2種類です。万年筆でよく書く人はコンバーター、あまり書かない人はカートリッジを選ぶとよいでしょう。FCN1MRBMを購入したときに、カートリッジは1本だけついてきます。

コンバーターでインクをいれます。

コンバーターをペン先にはめこみます。差しこむ方法は、矢印がついてます。ご確認ください。

ペン先をインク壺につけ、コンバーターをくるくると回し回らなくなれば、反対にくるくると回すとインクを吸入できます。

インクを吸引したあとは、クリップがついている部品にペン先を差しこみましょう。ペン先の部品の突起と、クリップがついている部品のスキマをあわせいれます。

上下の万年筆の外側をくるくるとネジをしめればインク吸引作業は終了です。

上下の部品をはめるときに、バネの抵抗を感じます。いっきにグッと押しこんだほうがスムーズにしめられます。

銀色の2cmのボタンをワンプッシュ。黄金のペン先が飛びでてきます。これでもう書けます。メモをとりたいと思ったら、すぐにメモを万年筆でとれます。

インクは乾かないのか

ペン先をだしっぱなしにしているとインクは乾きます。それはボールペンもおなじでしょう。

ペン先を収納すると、動物を生け捕るようなフタがあり、インクの乾燥をふせいでくれます。ペン先をだしていなければ、インクは乾きません。

ただし乾燥した部屋に、8時間ほど万年筆を放置したときに、1度だけすぐにペン先からインクがでませんでした。2秒ほど待つと、ペン先からインクはでてきました。

クリック音

キャップレス万年筆はワンクリックする必要があります。

このクリック音が、ボールペンのように軽くありません。鎧をまとったような、銃の撃鉄をおとしたようなガチンッといった音が響きます。しずかな教室や図書館では、その音はよく響くことでしょう。

またボタンを押す、ペン先を出す、戻すときに、バネのような力をかんじます。バネの耐久年数は未知数です。

インクの吸引量

パイロットのコンバーター『 CON-40 』は、コンバーター上限まで吸引しません。

インクが吸引されているのか心配になります。ペン先を上に向けると、インクが落ちてきます。インクが吸引されているか確認できます。めいっぱいインクを吸引しないのは、『 CON-40 』の仕様です。

おおよそですが、めいっぱいインクを吸引すれば、B5であれば8枚ほどの文字を書けます。

ほかの万年筆とくらべると、すこしインクの吸引量はすくないです。キャップレス万年筆は、メモ用と割りきるか、文字をたくさん書くときは、たっぷりとインクを吸引できる万年筆を用意するとよいでしょう。インクをこまめに吸引するのが苦にならない方はキャップレス万年筆1本で十分です。

インクの吸引量は、パイロットの純正インクをつかっても変化しませんでした。

ペン先の汚れ

コンバーターでインクを吸引していると、ペン先のすこし下の部分にインクの汚れがこびりつきます。

きれいに使いたい方は、吸引するたびにふきとるか、定期的に水につけるとよいでしょう。

書き心地や見た目はかわらないので、汚れたまま放置しています。

キャップレス万年筆『 FCN1MRBM 』の書き心地

FCN1MRBMはクリップを親指と人差し指ではさみます。万年筆を持つ位置に迷うことがない優しい設計です。

クリップを下にして書きます。これには慣れが必要です。クリップの部分をプッシュしたりするでしょう。クリップを下にして書くことには慣れるしかありません。

万年筆は、ペン先をうえし持ちはこぶとインクがもれません。ポケットなどをクリップではさむと自然とペン先がうえをむく設計になっているのです、キャップレス万年筆は。

書き心地ですが、やや硬めのペン先です。柔らかさはありません。カツッン、ザラッとした感触を感じるときもあります。1万円以下のキャップレス万年筆です。ペン先が、18金でないのが原因だと思われます。

右からFCN1MRBM、2,000円以下の万年筆、1万オーバーの万年筆です。

FCN1MRBMと2,000円万年筆の書き心地が硬く、1万オーバーの万年筆がやわらかいです。

軽さは、1万>2,000円>FCN1MRBMとなっています。

ワンプッシュ、キャップレスに魅力を感じない方、とりあえず万年筆にさわり書きたい方は、2,000円ほどの万年筆から手にとってみるとよいでしょう。

キャップレス万年筆のパイオニア パイロット

世界ではじめて、キャップのない万年筆をつくった『 パイロット 』

キャップレス万年筆の歴史はふるく1960年代に発売されました。マリリン・モンローが死去したり、月面着陸した時代にキャップレス万年筆は誕生したのです。

愛され、使われ、書かれているからこそ、いま現在もキャップレス万年筆は進化しつつ、ワンプッシュで紙に文字を刻みつづけています。

FCN1MRBMの梱包

高級感あふれる、中央にパイロットのマークがはいっているケース。

パカッとケースをあけます。FCN1MRBMとカートリッジインキ、説明書、保証書、手紙がコンパクトにいれられていました。

説明したインクの吸引方法も説明書に書かれているので安心です。説明書をみながら、インクで汚れないように吸引してください。

Amazonレビュー

潤沢なフローで細字よりのびやかな字で気持ちよく勉強できます。ちょっと本で調べものをしたり書くことを中断する時間が多いので、キャップレスは本当に便利です。

行き着いたのが本品で、適度な重さがあって財貨感があります。実用性は抜群。クリップも意外に邪魔になりませんでした。ワンタッチですぐ書けるのは、本シリーズが受ける理由でしょうね。

これを万年筆と称するのは若干抵抗があります。新式のボールペン(ポールはないけど)と考えるのがいいかも。

引用元:Amazon

キャップレス万年筆『FCN1MRBM』【 まとめ 】

キャップレス万年筆『FCN1MRBM』は、ワンクリックですぐに文字を書ける万年筆です。

ペン先をだしっぱなしにしなければ、インクが渇くことはありません。渇いてもすこしまてばインクはでてきます。

コンバーターは、上限までインクを吸引しません。インクの吸引を確認するのがめんどうです。カートリッジインクはたっぷりインクがはいっています。

キャップレス万年筆『FCN1MRBM』は、1万以下で買えるキャップレス万年筆です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました