ローンウルフ ジン 40度 【 レビュー記事 】神々しいほど超クールなイラスト 清涼感MAXシャープ ステンレスタンブラーのレビューもあり

お酒レビュー

この記事は、ローンウルフジン 40度を飲んだ感想を書いています。

神々しいほど超クールな狼のイラストのラベルのジンです。クールな蒼き一匹狼が草原を疾走するかのごとく、シャープな風味のローンウルフジン。

ローンウルフジンの香りは、飲んだ翌日も胃のなかをすっきり清涼にしてくれます。

特製ステンレスタンブラーのレビューもあります。

ローンウルフジンでカクテルを作り飲んだ感想も書きました。

ローンウルフジンの特徴

ビニール袋に梱包されているローンウルフジンの瓶と、ステンレスタンブラー。

ガオゥ!!!!ダマレ、コゾウ。オ主ハ、我ヲノム覚悟ハ有ルカ?

ビニール袋をとりはずし、パシャッ。狼の歯のようにギザギザした箱から、覗く蒼きクールなローンウルフジン。ロンリーではなくローンなんですかね?LONEは孤独という意味でした。

家のローンを背負う孤独なお父さんではありませんよ。孤独な狼という意味ですよ。

背面も確認してみましょう。氷で満たされたブリキのタンブラーで孤独な狼をお楽しみください。C02も削減しました。要約してみました。

ブリキ??ステンレスじゃないの??タンブラーをもった感じは、軽く、爪ではじくと、キンッとした音が響く。うすくまろみを帯びた飲み口。これは、ステンレスだと思います。ブリキだと保存や保管に細心の注意が必要です。

ステンレスタンブラーは、中国で作られています。食べ物や食器の中国産を避ける人もいるでしょう。贈答するときは、注意が必要です。

アルコール度数は、平均的なドライジンとおなじ40%。

ラベルの横にローンウルフジンの説明が書かれていました。

ローンウルフジンは月の下で生まれた。スコットランドは猛烈な勢いで立ち上がった。

ラベンダーとクルトラスのノートは、フレアなジャンルパーのバックボーンです。

下にはローンウルフジンに使われているボタニカルが書かれています。グレープフルーツを推していますが、グレープフルーツの香りはあまりしません。ホンマはいってるのと。

さっそくローンウルフジンを味わいましょう。ラベルのイラストとちがい、猿人が壁画に描いたような狼のイラスト。

ポンっとフタをあける。コルクのフタでした。コルクのフタだとテンションあがりませんか?あがりますよね?

フタをあけた瞬間から、狼の群れが疾走する勢いで、清涼な香りが瓶から溢れだしました。

ストレートで飲んだ感想

ローンウルフジンは派手なイラストのわりに、ふつうのドライジンのように無色透明。

グラスのうえには、個性的な香りが、つんつん、けんけんしている。ジュニパーベリーの香りは確認できる。確認できるほど確認できる。ほかのジンよりも、ジュニパーベリーの香りが強く野性的にでている。ジュニパーベリーの香りに香辛料の辛み、薬草や木の皮の苦みが、ジュニパーベリーの野生を目覚めさせている。

グラスをかたむけローンウルフジンを飲む。青い空がひろい草原を疾走する蒼き狼が巻きおこす一陣の風のように颯爽と口にローンウルフジンは浸透する。

辛いドライというよりも、味わいは、とてつもなく、どこまでも爽快の二文字。ジュニパーベリーの香りがひろがり、寒冷地に細々とたっている木の表面の清涼な香り。痛烈、咆哮するような苦味ばしった爽快感が口にひろがる。そこに少し香辛料の苦みあり。

香りと風味は、頭から尻尾、最初から最後まで一定している。飲み終わったあとには、孤狼の遠吠えのような高潔、孤独、潔癖な香りが、いつまでも舌と口に残響する。飲んだ翌日も息が爽快リフレッシュしていた。

眼がバチっと覚める目薬、口のなかのネバネバを洗いながしてくれるマウスウォッシュ。ローンウルフジンを飲めば、その二つを飲んだかのようにシャッキとする爽快感を味わうことができる。

ベーススピリッツ及び使用ボタニカルはこれまでと同じで、大麦麦芽と小麦麦芽を使用した100%麦芽でつくられるローグウェーブウォツカをベースに14種類のボタニカルを使用。

今回よりアルコール度数が40%へ変更となりますが、新ボトルのラベルに描かれたローンウルフの表情と同じようにジュニパーベリーの力強さは健在です。

コリアンダーのアロマがこれまでより穏やかになり、樹脂っぽさのある松の葉が味わいに奥行きを与え、レモン、グレープフルーツのフルーティさ、ラベンダーのフローラルなアロマがほのかに広がります。

引用元:Amazon

Amazonレビュー

デザインやタンブラーなどは良かったのですが、一口飲んだ瞬間「おっさんの頭に付ける整髪料」というイメージがピッタリな程の味が口内いっぱいに広がって悶絶してしまいました。

引用元:Amazon

海外のレビューを訳してみると、ステンレスタンブラーがついていなかった、というレビューが溢れかえっていました。日本在住のわたしは、無事にステンレスタンブラーと一緒に届きました。

ロックで飲んだ感想

グラスに大きい氷をいれ、ローンウルフジンを注ぎいれる。

大きい氷に冷やされたローンウルフジンの香りは、人を殺せそうなツララのように鋭利になり冷涼な香りがツンツンしている。香りを嗅いでいるだけで、体温が1度ほど下がりそうである。

冷やすことで香りが鋭敏になったが、風味はまろやかになっている。ジュニパーベリーの香りが漂い、薬草か木の苦味をゆっくりと堪能できる。

風味はゆるやかになったと油断していると。ローンウルフジンが胃に到達した瞬間。胃の熱と反応したローンウルフジンは、鮮烈な薬草の香りと風味を巻きあげながら鼻と口から抜けていき野生にかえる。

炭酸水割り

ローンウルフジンと氷をステンレスタンブラーにいれ、ローンウルフジンと氷を撹拌する。ステンレスタンブラーに細かい初霜がつくぐらい冷やす。

冷やされたステンレスタンブラーをかたむけ、炭酸の泡がぬけないように、ソッと炭酸水を注ぎいれる。

厳寒の土地に生きるバッファローを狙う狼たちの足元のようにパキパキに、ステンレスタンブラーは冷えている。

炭酸の泡がはじけると、ミントとレモンの香りが舞いあがる。颯爽としたミントの清涼感と、レモンの苦味ばしった清涼感があり、爽快で口当たりの軽い飲み物にしあがっている。翌日まで胃と口が清涼、晴れやかに感じられた。

ただ、こてこての油っぽい料理とは飲めるだろうが、繊細な料理と飲むと、繊細な料理をズタズタに引き破る狼のように暴力的な清涼感でもある。

ローンウルフジンでカクテルを作り飲んだ感想

  • ジントニック
  • マティーニ
  • ギムレット
  • ジンビターズ
  • ジンアンドイット
  • カンパリジン

ジントニック

  • ジン:45ml
  • トニックウォーター:適量
  • ライムやレモン:お好みでしぼりいれる

ローンウルフジンと氷をステンレスタンブラーにいれ、ローンウルフジンと氷を撹拌する。

炭酸水にかえて、トニックウォーターを注ぎいれる。

キニーネの香りにミントと柑橘系の香りをプラスした香り。飲んでみると、しなやかで、こびることなく、口のなかを楚々と流れていく。

若き白き牝狼のように、爽やかで高貴、流麗、なでやかな味になっている。

マティーニ

  • ジン:50ml
  • ドライベルモット:10ml
  • オリーブ:1個

ローンウルフジンとドライベルモット、氷をミキシンググラスにいれる。くるくると回し冷やし、蒼い狼が白くなればカクテルグラスに注ぎいれる。

木に草がまきつくように、ローンウルフジンに薬草が巻きついたかのような香り。獰猛な清涼感は少しゆるむ。

ローンウルフジンの清涼な風味に、ころんと可愛いオリーブと、ほんのり薬草の風味。風味は、ほぼローンウルフジン。ここまでドライベルモットを主張させないジンは珍しい。

ベルモットの香りをしたがえ、ダレに媚びることもなく、蒼キ狼ハ威風堂々ト行進ス。

ギムレット

  • ジン:45ml
  • ライム:1/4
  • シュガーシロップ:適量

氷をいれたシェイカーに、すべての材料をいれシェイク。白濁した液体をカクテルグラスに注ぐ。

ライムの若さあふれる青春の過ちといった苦酸味とローンウルフジンの香りと風味がミートしている。

若き狼が断崖にたち、するどき眼を天にむけ、若々しく隆々としたしなやかな筋肉を弓のようにそらし、満月よ砕けよと咆哮している姿のようにクールで爽やかで飲みやすいギムレット。

ジンビターズ

  • ジン:60ml
  • アンゴスチュラビターズ:2~3滴

おおきい氷をグラスにいれ、アンゴスチュラビターズを氷に2~3滴たらしこみ、染みこませる。ローンウルフジンを注ぎいれ、かきまぜウルフジンとグラスを冷やす。

老いた狼は、精悍さ、清涼さがなくなり、苔むした大木の下に座りこむ。苔むした大木、その回りに生えている薬草の香りがグラスのうえに充満している。

悠遊とうごき、急がず、たゆたゆとしたシンプルな苦味を愉しめる。古き老獪な経験をつんだ狼のように、オレズ、マガラズ、幾多の過去の苦い思い出に想いを馳せる。

カンパリジン

  • ジン:30ml
  • カンパリ:30ml

氷のはいったミキシンググラスに、ローンウルフジンとカンパリをいれる。かき混ぜ冷やし、カクテルグラスに注ぐ。

狼は討たれた。赤い血を流し、大地を染める。どくどくと脈うつ狼の血のように赤いカンパリジン。

幼年期、まわりの兄弟たちと太陽に照らされながら、跳ねまわった懐かしき日のように苦い草の味。老いた狼は死して皮と清涼な香りを残し逝った。

ローンウルフジンを飲んだ感想【 まとめ 】

ローンウルフジンはラベルの絵が超クール。中二病をくすぐるデザイン。ついつい手に取ってみたくなります。

ローンウルフジンを飲み、味と風味を確認しました。ジュニパーベリーをベースに、清涼なミントのような香り、体温を下げるほどの冷涼な風味。ドライジンのなかでも、トップクラスに爽やかな香りと風味のローンウルフジン。

ステンレスタンブラーのイラストは、ラベルのイラストを拡大し神々しさを感じました。その神々しいステンレスタンブラーでローンウルフジンを飲んでいると、心のうちの野生の狼が覚醒し、疾走し、咆哮をあげます。

ローンウルフジンを飲み、心のうちの野生の狼を解放しませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました