干し芋をフードドライヤーで作る ぶ厚い干し芋を短時間で作ることができる。

料理

フードドライヤーを使い、干し芋の作り方を書いている記事です。

フードドライヤーとは天候に左右されず、食材を乾燥させてくれる調理器具になります。

細い干し芋だけではなく、太くぶ厚い干し芋を作ることができました。

さつま芋が手元に大量にあるときにも、干し芋を作るのをオススメします。ご自宅で干し芋を作るのは楽しいものです。

干し芋の調理工程

  1. さつま芋を蒸す
  2. さつま芋を乾燥させる
  3. 干し芋の出来上がり

わずか3ステップで、干し芋は作ることができるのです。

干し芋の調理風景【写真あり】

干し芋を蒸す

皮つきのまま干し芋を蒸し器にいれる。

竹串がスーッと抵抗なく刺さるようになるまで、干し芋を蒸す。

さつま芋の皮をむく

甘い香りがぷんぷんする、蒸した干し芋の皮をむいていく。あついので火傷にはご注意。

さつま芋の皮はなるべくキレイにむいたほうがよい。干し芋にしたときに皮が残っていると見た目が悪くなる。

さつま芋を半分に切る。干し芋になったさつま芋の大きさは、1/3ほどに縮む。太くぶ厚く食べ応えのある干し芋を作りたいので、さつま芋を厚めに切った。

フードドライヤーでさつま芋を乾燥させる

皮をむき、半分に切ったさつま芋をフードドライヤーに並べる。

一段に乗り切らないさつま芋は、二段目にのせる。

フードドライヤーのフタをして、35℃で12時間ほど乾燥させる。

使用したフードドライヤーの詳しい記事はコチラ

12時間後、カチカチに乾燥した干し芋ができましたね。

失敗したなと思うポイントが一つあった。指のほうの白くなっている部分は、水分が抜けきっておりかたい。焼いたり、蒸したりせずに、そのまま食べると歯ごたえがメチャメチャある。

やや黄色く透明感のある色に仕上がるように、ちょこちょこ干し具合をチェックするべきだった。

自作の干し芋の皮部分は、ちょっとグロい。

フードドライヤーで干し芋を作るときは、皮をキレイにむく。干し具合はチェックする。この二つを守ればおいしい干し芋を自宅で作れる。

干し芋をフードドライヤーで作った感想【まとめ】

蒸して、皮をむき、あとはフードドライヤーまかせで干し芋は作れました。

しかし、干し芋の乾燥状態をチェックしたほうがよいです。

いちばんよいタイミングでフードドライヤーから干し芋をだすと、かたくなく、しんなり、はんなりしている干し芋を作れます。

フードドライヤーの詳しい記事も書いています。

コメント