冬瓜レシピ|半分に切り煮込むレシピ|BRUNO使用

料理

冬瓜を半分にきり、種をくりぬき、具材をつめ、スープで煮ると完成するレシピ。BRUNOの細長い形は冬瓜を煮るのにピッタリ。BRUNOがなくても他の鍋でも作れるので安心してくださいね。

土用の丑の日、うなぎ高いですよね。じつは「う」がつく食べものであれば、なにを食べてもいいそうですよ。

冬瓜はウリ科の食べ物なので、「う」がついているとしましょう。冬瓜はシットリアッサリ食べれる食材。冬瓜を食べて暑い夏をのりきりましょう。

冬瓜煮|調理工程

  1. 出汁・スープを作っておく
  2. 冬瓜をきり、種をとる
  3. 冬瓜に具をいれる
  4. 冬瓜をスープで煮る
  5. 完成

冬瓜煮|材料

  • 冬瓜:半分
  • 豚こま切れ:50g
  • 水:1リットル
  • 日本酒:250cc
  • しょうゆ:100cc
  • みりん:50cc
  • にんにく:1個
  • しょうが:5g
  • 干し貝柱:1個
  • 干しシイタケ:2個
  • 干しエビ:3g
  • キクラゲ:10g
  • 片栗粉:小さじ1

冬瓜煮|作り方|写真つき

出汁をつくる

鍋に水:1リットルにいれ、【 干し貝柱:1個、干しシイタケ:2個、干しエビ:3g、キクラゲ:10g 】をいれておく。

2~3時間ほで放置する。

2~3時間後、鍋にいれた乾物をひきあげ切っておく。1cmほどの幅に切っていますが、切り方は自由に切ってください。

乾物をいれておいた水は、スープとして使うので捨てない。

冬瓜の種をとる

冬瓜を半分にきる。半分に切るのはむずかしい作業、ケガをしないよう気をつけてください。

縦にきっていますが、煮る調理器具にあわせて横に切りましょう。

スプーンをつかい、冬瓜の種を取りのぞきます。6歳の姪ちゃんが楽しんで冬瓜をほじくり返し中。

冬瓜に具をいれる

種をとりのぞいた冬瓜を煮る調理器具にいれる(BRUNO使用)

にんにく・ショウガをすりおろし、冬瓜に塗りつける。

豚肉をいれ、並べる。

乾物を冬瓜にいれる。

スープをつくる

乾物をもどしておいた水に【 しょうゆ:100cc、日本酒:250cc、みりん:50cc 】をいれる。

スープの味見をし、味が薄いようであれば「しょうゆ」「塩」「めんつゆ」で味を調整する。

冬瓜にスープをいれ、冬瓜を煮る

冬瓜の具をいれた場所に、スープを注ぎいれ、水(分量外)にとかした片栗粉もいれる。

のこったスープを、鍋にそそぐ。

調理器具のフタをし、中火で煮る。

ちょっとフタが浮いているが、気にしない気にしない。

冬瓜煮の完成

冬瓜が半透明になれば完成。

スプーンで冬瓜の半透明な部分をけずり、器にもりつける。冬瓜にいれておいた具を上にのせる。

冬瓜がチュルンとノドをとおっていく、コリコリした食感の乾物を楽しむ。わいわい冬瓜をけずりながら食べていく。ギリギリまで冬瓜を食べようとすると皮がヤブれてしまう。注意注意。

カンタン冬瓜レシピ

  1. 冬瓜の皮をむき、5cmほどに切る
  2. だしの素で1リットルほどの出汁を作る
  3. しょうゆ、酒、みりんで味を調整
  4. 圧力鍋に冬瓜、出汁をいれる
  5. 圧力鍋を火にかけ、圧力がかかってから10分煮る
  6. 火をけし圧力がぬけたら、器にもりつけ完成

常温にさまし、冷蔵庫でひやしておくと真夏に食べやすい一品になる。

冷酒と一緒にキュッとやっている。

冬瓜レシピを作って食べた感想|まとめ

冬瓜を切る作業はむずかしいですが、ほかの調理工程はとてもカンタンに作れた。

冬瓜をほじくり返すのは、とても楽しい。暑く食欲がない日でも”ちゅるん”と食道をとおっていく冬瓜。

土用の丑の日に冬瓜を食べ、スタミナをつけ暑い夏をのりきる。

コメント