おでんの作り方・レシピ【練り物】ですっきりした出汁【漫画おせん参考レシピ】

料理

お家で作るおでん、いろいろ出汁をとったり、食材を揃えたり、出来立てのアツアツを提供したりと、なにかとメンドくさいおでん。

カンタンに作る方法があったんです。練り物と昆布だしだけで、すっきりした味のおでんを作れました。

『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』6巻に紹介されていた、おでんの作り方を再現してみました。

必要な食材は練り物と昆布、あとはお好きな食材を用意すれば作れますヨ。調理工程もとてもカンタン。冬の寒い日は、お家で作った”おでん”で温まりましょう。

おでんの調理工程

  1. 昆布を水につけておく
  2. 練り物をお湯で煮る
  3. お鍋におでんの材料をいれ、昆布水をいれコトコト煮る
  4. おでんの完成

練り物や揚げ物だけで、出汁がでるのと心配になりますよね。

スッキリした味の出汁がでます。

なぜ練り物と昆布だけで出汁がでるかというと、漫画で書かれています。

旨みだったら最初から入ってるでやんしょうよおもいっきし!!

家庭用のおでんダネ練り物といえばスーパーの既製品

袋の表示をよおおく見てごらん

旨味調味料にアミノ酸入ってない物などあるかーー!!

引用:おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(6)

練り物に含まれている、旨味調味料とアミノ酸でおでんの出汁を仕上げるわけですね。

あとは昆布の旨味成分、イノシン酸とグルタミン酸をくわえてやるだけで、スッキリしたクセのない出汁ができます。昆布も上等なものでよいと書かれているので、お手頃価格の昆布で出汁をとり、ついでにおでんダネのひとつにすると、なんと無駄のないレシピなのでしょうか。

おでんの材料

  • 練り物:適量
  • 昆布:適量
  • 水:2リットル
  • お好みの食材(大根、卵)
  • 塩、薄口しょうゆ:適量

シンプルでスッキリした出汁なので、どの食材ともピッタリあうと思いますよ。よほど突飛な食材でない限りは。

おでんの作り方【写真あり】

昆布を水に漬けておく

昆布:適量を水2リットルに漬けておく。

6時間以上漬けておくと、うっすら色のついた昆布出汁が作れる。

練り物をお湯で煮る

おでんとして本格的に煮込むまえに、練り物の表面についた油分や雑味をお湯で煮て落とす。

この作業をサボると、ペシャと甘く雑味をかんじる出汁になる。

3~5分茹でた練り物をボウルにあげる。

鍋に食材をいれ、コトコト煮る

おでんを煮る鍋の選びかた、おでんの煮方も説明してくれています。

台所にあるいっち大きい鍋で、熱すぎず、ぬるすぎず、程よい湯加減で、ゆったりと。

専門店に屋台コンビニのあれよ、あのイメージよ。

それが、おでんさんには何より!!!

参照:おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。(6)

お好みの具材と練り物、昆布出汁を鍋にいれる。

大根をならべ。

ゆで卵をならべ。

練り物をゴロゴロいれ。

昆布出汁と、昆布もいれてやる。

沸騰しないように、弱火でコトコトゆったりと、おでんさんを煮てやる。一番硬い食材が柔らかくなれば完成。(記事では大根に串をとおし確認しました。)

コトコト煮るの、メンドくさい。そんなときは保温調理器に放り込んでおけば出来上がるのさ。

出汁の味見をし、薄口しょうゆで出汁の味を整える。

アツアツのおでんを食べる

魯山人はいいました。おでんが美味いのは、熱々を食べるからだと。

おでんを食べる前に鍋に火をいれるか、電気プレートにいれホカホカにしてやる。

アツアツを取りわけて、火傷に注意しながらハフハフといただく。

チクワにも出汁が染みこみ、フワフワっな食感、煮すぎたのか、もともとなのか、もうすこし歯ごたえが欲しいなと考えながら、つぎの具材をかじると、ガリとした音、ごぼう天だ。ごぼうの土といった香りと歯ごたえを楽しめる味になっている。

ヒラテンは、つるんと口の中を通っていった。

次はがんもをいただく。箸で押すだけで、がんもの中からはんなりと出汁があふれ出てくる。ちょっとこじゃれた一杯飲み屋の味だ。

練り物を食べてビックリしたのが、揚げた練り物がサッパリしている。揚げ物独特のペチャとした甘味を感じない。それでいて優しい練り物の味。

ピンクの団子は噛むとチュルンとした食感、ほのかに甘い味。茶色の団子は肉厚でドッシリした味。ふたつの団子の違いを楽しめた。

出汁をぬきとられた、抜け殻昆布をあなどるなかれ。お箸でちょっと掴みにくいニュルとした表面、噛むとコリッポリッとした食感。

練り物ばかりじゃ、食感おなじで飽きちゃうんですよね。そんなときは、コリッポリッとした昆布を食べ、お口をリフレッシュ。

とろとろに溶けた練り物、お箸じゃなくオタマですくってね。

きんちゃくは油揚げもあっさりした出汁が染みこみ、さらに餅にもしっかりと出汁が染みこんでいる。かんぴょうのコリっとした食感もいい。

うん、分かった。練り物だけじゃなく、硬い食感の食材をいれるといいんだ。タケノコやタコ、ソーセージなどをいれると、食感のちがいを楽しめそうだ。

大根、絶品。練り物の出汁で一番おいしかったのが大根。大根がスッときれ、出汁そのものような大根、アミノ酸やらグルタミン酸のあっさりした出汁。ノドにひっかからず、する~と胃に収まっていく。

分かった、大根は飲み物だ。いくらでも飲めそうダ。

かぎりなく透明にちかいスッキリした出汁と思っていましたが、真っ白なゆで卵には、うっすらと色がついてますね。

ほんのりと甘く、ほのかにチクワの皮の香りがする白身、プリンプリンした食感がうれしい。大根の次に好きなのが、卵。

おでんで食べるのに飽きてきたら、うどん。おでんうどん。なんか言いにくいナ。

練り物でとった出汁は、うどんの出汁にそのまま流用できますね。チュルンチュルンしたうどんと、練り物をパクパクとあっさりいただける。

練り物おでんを作って食べた感想【まとめ】

練り物から出汁をとれば、スッキリしたおでんの出汁をカンタンに作ることができました。

沸騰させずにゆっくり煮てやれば、失敗することがなくカンタンにおでんを作れますね。

これから家でおでんを作るときは、練り物から出汁をとって作るようになりました。練り物だけでは食感があきてくるので、歯ごたえのある食材(タケノコ・タコ・ソーセージなど)をいれてやると飽きずに食べれると思います。

コメント