家でクラッシュアイスが作れる|アイスクラッシャー|TWINBIRD|

商品レビュー

冷凍庫でつくる四角い氷を、クラッシュアイスにする商品【 TWINBIRD|アイスクラッシャー

アイスコーヒーや緑茶、炭酸水。

酎ハイやカクテルに、クラッシュアイスを使いたい”あなた”にオススメできる商品。

【 TWINBIRD|アイスクラッシャー 】の使い方、特徴を紹介します。

アイスクラッシャー|使い方

  1. フタをとり、氷をいれる
  2. フタをしめる
  3. ハンドルを回す
  4. クラッシュアイス完成
おったろう
おったろう

むずかしいこと、一切なし。

びーた
びーた

カンタンにクラッシュアイスが作れるね。

アイスクラッシャーの特徴

  • ハンドルを回すのに力いる
  • 音がうるさい
  • 刃を洗えない
  • 耐久性はある
  • かき氷ほど細かい氷はつくれない

ハンドルを回すのに力いる

氷を刃で砕きますので、ハンドルを回すのに”そこそこ”の力が必要です。

かたい氷は、水に”さぁ~っ”とくぐらせると、柔らかくなりハンドル回しやすくなります。

音がうるさい

四角い氷を砕いてクラッシュアイスを作るので、氷を砕く音はうるさいです。

“ガラガラッ””ゴリゴリッ””バリバリッ”

おったろう
おったろう

まわりの人に怒られないか注意してや。

刃を洗えない

氷を砕く刃を洗えません

洗っていない刃で作ったクラッシュアイスを使いたくない人には、オススメできない商品。

刃を自然乾燥させ、『パストリーゼ』で除菌しています。

1年ちかくアイスクラッシャーを使っていますが、刃はサビていないです。

耐久性はある

1年ちかくアイスクラッシャーを夏は1日に2~3回使用、冬は1週間に5回ほど使用しました。

アイスクラッシャーは壊れていませんがハンドル回すとき”キコキコ”音がするようになりました。

1日に何十回も使うと壊れるかもしれません。

かき氷ほど細かい氷はつくれない

クラッシュアイスを作る商品ですので、かき氷ほど”ふわふわ”な氷を作ることはできません。

かき氷を作りたいときは、かき氷専用商品を買いましょう。

クラッシュアイス使用例

  • アイスコーヒー
  • お茶
  • 酎ハイ
  • カクテル(サケピリーニャ・モヒート)
  • ジン
  • ハリボー

アイスコーヒー

おったろう
おったろう

店ででてくるようなアイスコーヒー。家で作れるで。

びーた
びーた

あれ?おったろう『レイコ』って言わないの?

おったろう
おったろう

『レイコ』言うの、もっとおっちゃん世代と思うで。

緑茶

緑茶の葉をいれ、クラッシュアイスを容器に目いっぱいいれる。

容器を冷蔵庫に1日いれておくと、”スッキリ”した味の緑茶ができあがります。

おったろう
おったろう

夏場に、お客さんにだすと喜ばれるで。

びーた
びーた

麦茶もおいしく作れるよ。

酎ハイ

おったろう
おったろう

“キンキン”に冷えたグラス、グラス一杯のクラッシュアイスで酎ハイ。

びーた
びーた

夏場にサイコー

カクテル

サケピリーニャ

串切りにしたライム+砂糖+クラッシュアイス+日本酒でできる簡単カクテル。

おったろう
おったろう

日本酒が苦手な人でも、飲めるカクテル。

びーた
びーた

飲まないという選択肢はないの?

モヒート

おったろう
おったろう

家でお洒落なカクテルも作れるようなるで、モテるようなるんちゃうかな?

びーた
びーた

おったろう、モテないから説得力『

ジン

  1. グラスにクラッシュアイスを一杯いれます
  2. ライムと冷凍庫にいれておいた”キンキン”に冷えたジンを注ぐ
  3. お風呂にはいる
  4. お風呂あがりに、ジンをいただく
おったろう
おったろう

お風呂からあがるころには、氷とジンがいい塩梅になってるで。

“キンキン”に冷えてるしね。

びーた
びーた

毎日飲んでるよね。ほどほどにしなさいよ。

おったろう
おったろう

商品買うまえまでは、冷凍ジンだけ飲んでたから、超健康になったんやで。

ハリボー

おったろう
おったろう

クラッシュアイスを下にひき、お洒落に飾ることもできるで。

びーた
びーた

ハリボーの記事は下リンクから。

ハリボー記事はコチラ

アイスクラッシャー|TWINBIRD|感想|まとめ

簡単にクラッシュアイスを作れる商品【 TWINBIRD|アイスクラッシャー

音がウルサイ・刃を洗えないデメリットはありますが、家でクラッシュアイスを楽しみたい”あなた”にオススメしたい商品【 TWINBIRD|アイスクラッシャー 】

価格がお手頃なのも財布にやさしい。

暑くなる季節にむけ、1家に1台。

クラッシュアイスで冷たいドリンク楽しみましょう。

コメント