Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 |で写真を撮った感想|レビュー|ブログ記事写真

商品レビュー

Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 】で写真を撮った感想|レビューを書いています。

おったろう雑記ブログの写真は【 Nikon COOLPIX B500 】で撮影されています。

カメラは携帯電話のカメラしか使っていなかったカメラ素人が、はじめて買ったデジタルカメラです。

【Nikon デジタルカメラ COOLPIX B500 】でカメラ素人が写真を撮れるのか??

「ブログに使うには問題ない写真」「そこそこ綺麗な写真」が撮れます。

Nikon COOLPIX B500|写真集

カメラはじめて半年ですが、【 Nikon COOLPIX B500 】で上記の写真を撮れました。

Nikon COOLPIX B500|ならキレイな写真が撮れる

  • ピントを自動であわしてくれる
  • ディスプレイがでかい
  • 撮影する写真の設定を変更可能
  • 豊富な撮影モード

ピントを自動であわしてくれる

Nikon COOLPIX B500 】は自動で撮りたい対象物に、ピントをあわしてくれる

撮りたい対象物とちがう対象物にピントがあったときは、ちょっと位置をズラしたりすると、撮りたい対象物にピントがあうときがあります。

また”なかなか”ピントがあわずに、ずっと”ぼーっ”としている!!

待っていればピントがあうときもありますが、「位置をズラす」「ズーム」すればピントをあわせれます。

ディスプレイがでかい

撮れる写真を、“でかい”ディスプレイ確認しながら撮影できます

どんな風に写真が撮れるのか、一目で確認できるんです。

“ちいさい”ディスプレイだと、撮れる写真を確認しにくいんですよね。

三脚があると写真が撮りやすい

上記の写真は、ブログ記事を撮っている風景です。

三脚があると、安定して写真が撮りやすくなります。

オークションサイトやメリカリに投稿する写真を”かんたん”に撮影できました。

撮った写真がイマイチなとき|設定変更

撮影した写真をディスプレイで確認すると”イマイチ”な写真だった。

「きれいじゃない」「おいしそうじゃない」「写真がくらすぎる」

【 Nikon COOLPIX B500 】で設定を”イジる”と、撮れる写真のイメージ変更できます。

変更できる設定
  • 明るさ(露出補正)
  • 鮮やかさ
  • 色合い

明るさ(露出補正)

写真の「明るさ」を変更します。

「写真が暗いとかんじれば、明るくする」

「写真が明るいとかんじれば、暗くする」

「明るさ」はよく設定を調整しています。

鮮やかさ

「鮮やかさ」をかえれます。「鮮やかさ」を一番下にすると白黒になります

“ほとんど”使っていない設定。

たま~に鮮やかさを”ちょっと”あげるぐらいです。

色合い

一番よく設定を変更するのが「色合い」

料理は色合いをあげると、美味しそうな写真になります。

機械やグッズを撮影するときは、色合いをさげると恰好いい写真が撮れるんです。

Nikon COOLPIX B500|GOODポイント

  • バッテリーが単三電池
  • グリップ感が最高
  • SDカード使える
  • 動画も撮影可能

バッテリーが単三電池

【 Nikon COOLPIX B500 】は「単三電池」4本で動きます。

充電できる「単三電池」を使うと経済的。

外出時など予備の電池必要

「単三電池」をフル充電しておけば1ヶ月ほど撮影できますが、「バッテリーが切れそう」と警告がでてから、電池が切れるまでの猶予が5分もありません。

「発表会」「運動会」ぜったいに撮影したいときは、予備の電池を持ち歩きましょう。

グリップ感が最高

赤丸部分を手の平で包みこむように”ガッチリ”にぎる、最初は違和感ありました。

カメラの持ち方に慣れてきたら、ブレずに写真を撮影できるようになりました。

白い粉は、麺類を作ってるときの粉です。

SDカードを使える

64GBのSDカードを【 Nikon COOLPIX B500 】で使っています。

100枚ほど写真を撮影しても、1パーセントにもなっていません。

64GBは容量おおすぎました。

SnapBridge対応

「SnapBridge」とは??

【 Nikon COOLPIX B500 】で撮った写真を「スマホ」や「タブレット」に転送できるアプリです。

“ぱっ”と転送し、「スマホ」「タブレット」でSNSにすぐ写真をUPできます。

パソコンへの写真転送方法はケーブル接続です。

動画も撮影可能

中華鍋でポップコーンを作る

【 Nikon COOLPIX B500 】は動画を30分撮影できます。

ブログ記事で使う動画は【 Nikon COOLPIX B500 】で撮影しています。

画質は動画でご確認ください。

Nikon COOLPIX B500|BADポイント

  • 一眼カメラではない
  • レンズの開け閉め問題
  • フリーズ問題

一眼カメラではない

【 Nikon COOLPIX B500 】は一眼カメラではありません。

カメラ素人だったので、この形状のカメラはぜんぶ一眼カメラと思っていました。

2万円で一眼カメラが変えるなんてと、間違えて買いました。

デジカメとしてはデカい

【 Nikon COOLPIX B500 】は一眼カメラとおなじぐらいデカいです。

単三電池を4本いれるので、デジカメとしては重いです。

付属品のストラップでは撮影中に疲れたので、別売りのストラップを買いました。

レンズの開け閉め問題

【 Nikon COOLPIX B500 】は撮影するたびに、レンズカバーをとり撮影する必要があります。

レンズの開け閉め、”メンドクサイ”んですよね。

一眼カメラにあるような「レンズ保護フィルター」を探しましたが、ディスプレイの保護フィルターはありましたが、【 Nikon COOLPIX B500 】の「レンズ保護フィルター」はありませんでした。

フリーズ問題

【 Nikon COOLPIX B500 】を半年のうち3回程フリーズしました。

“うんともすん”とも動かなくなります。

電池を抜きさしすれば、フリーズはなおりました。

カメラを撮影しているのは【 Fire HD 10 】

【 Nikon COOLPIX B500 】の写真は【 Fire HD 10 】で撮影しました。

【 Fire HD 10 】は大きくて少し撮影しにくかったです。

漫画も読めて、写真も撮影できる【 Fire HD 10 】

【 Nikon COOLPIX B500 】を半年使った感想|まとめ

一眼カメラと間違えて購入した【 Nikon COOLPIX B500 】

鳥の声や、ネコの声を聞くと「どこにいるのかなぁ??」写真を撮りたいな。と考えるようになりました。

半年間で写真を撮るのが”すごく”楽しくなりました。

最初のカメラ【 Nikon COOLPIX B500 】を選んでよかったです。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

コメント