ジンジャーブレッドハウスを作った感想記事 上手に建設するコツも書いています。

料理

ジンジャーブレッドハウスを作った感想、上手にジンジャーブレッドハウスを建設するコツを書いています。

市販のジンジャーブレッドハウスのキットをつかい作りました。ジャンジャークッキーハウスではないのですね。

クリスマスパーティーまえに、小さいお子様とワクワクわいわいと家を建て、お菓子で家をデコるのは楽しいものですよ。

ジンジャーブレッドハウスを作っている様子【写真あり】

ジンジャークッキーとアイシングがセットになっている商品を使いました。

家の部位を作る必要がなく楽です。

ジンジャークッキーを、説明書どおりオーブンで焼きます。

心配になったのですが、ジンジャークッキーは腐らないものなのでしょうか。クリスマス1週間前に作り、クリスマス当日から5日間ほどで食べ終わったですよ。お腹が痛くなった人はいませんでした。

ちゃらり~。ジンジャークッキーを冷やしているときに、落とした。割れた。砕けちった。

くっつけ治したらパーツで、家を作ることはできるのだろうか。

アイシングを作り、パーツを修繕していきます。アイシングとは、ジンジャークッキーとジンジャークッキーをくっつける接着剤の役割をはたします。鶏卵の白身と砂糖で作るのが一般的です。アイシングも腐らないものなんですね。砂糖ってスゴいなぁと思いました。

アイシングを絞り器にいれ、接着しています。

ペロリ。

アイシングは付属品だけでは足りなそうでした。アイシングセットを追加。白以外の色を使えるようになりました。

一生懸命、一心不乱にジンジャークッキーとアイシングを塗っていますね。

ここでデコレーションのお菓子を飾り付けます。傷みにくいお菓子を選びましょうね。

未来の日本の一部地域のアントニ・ガウディやで。そしてジンジャーブレッドハウスも未完成であると。

大人2人と子ども1人で建てていきます。確実に2~3人いたほうが家を建てやすいです。

家の形ができてきましたね。

家は建ちませんでした。エントツも建てれず、家は崩壊しました。

壁が壊れたのもダメですが、家の土台があるとシッカリと家が建つだろうと思います。

ジンジャーブレッドハウスキットを買うときは、家の土台をついているキットを買うといいでしょう。

ジンジャーブレッドハウス改良

壊れた部分と家の土台のジンジャークッキーを焼きました。余った生地でちょいっとお洒落なパーツも追加。

  • 薄力粉:200g
  • バター:100g
  • グラニュー糖:70g
  • ベーキングパウダー:4g
  • ジンジャーパウダー:小さじ1
  • シナモンパウダー:小さじ1

土台の上に家を建て、アイシングで固定していきます。

アイシングをこれでもかと、ベトベトに塗りました。割れたジンジャークッキーは家の中の補強に使っています。

割れたパーツもデコります。熊さんがかわいいですね。熊さんをお酒に漬けた記事はコチラ

アイシングが固まるまで、段ボールで補強中。潔癖症の人にはオススメできない方法です。

じゃじゃ~ん。ジンジャーブレッドハウス建設できました。

なんとかエントツもつけれました。これでサンタクロースさんもプレゼントをもってきてくれますね。

メリクリスマ~ス。

自分で作ったジンジャーブレッドハウスを食べるのためらうことなく、パクリと食べました。若さとはためらわないことさ。

ジンジャークッキーはコーヒーや紅茶とあいますが、ワインもあいますゾ。

ジンジャーブレッドハウスを作った感想【まとめ】

ジンジャーブレッドハウスを家で作るのは楽しいです。

キットを買うと簡単に作れますが、ジンジャーブレッドハウスの部品は割らないように注意しましょう。

ジンジャーブレッドハウスのキットは、家の土台がついているキットを選ぶと家を建てやすいです。

コメント