シャトルシェフを使った簡単ラクチンな豚のチャーシューの作り方 料理初心者もしっとりしたチャーシューを作れるよ。

料理

シャトルシェフを使った豚のチャーシューの作り方を書いています。

豚肉の塊を買ってきて、ビニール袋に豚肉と調味料をいれ、シャトルシェフでお湯を沸かし、豚肉と調味料をいれたビニール袋をシャトルシェフにいれるだけで、しっとりしたチャーシューを作れるでしょう。

チャーシューを作るのはむずかしそう。大丈夫大丈夫、お料理初心者でもチャーシューを作れちゃうんです。ついでに煮卵も作れるんじゃよ。

さっそくチャーシューの作り方を書いていきます。

豚のチャーシューの調理工程

  • 漬け汁を作る
  • 豚肉と漬け汁をビニール袋にいれる
  • シャトルシェフに水をいれ、沸騰させる
  • 豚肉をいれたビニール袋をシャトルシェフにいれる
  • 2~3時間後、豚のチャーシューの出来上がり

豚のチャーシューの材料(3~4人前)

  • 豚肉:500g(たしょう前後しても問題なし)
  • しょうゆ:100cc
  • みりん:50cc
  • 日本酒or紹興酒:50cc
  • 香辛料:五香粉、八角:適量

この記事では、豚のロースを使っていますが、豚バラでもおいしい豚のチャーシューができるでしょう。豚の脂はお好みで焼いて落とすとアッサリします。

五香粉、八角はなくても豚のチャーシューを作れますが、漬け汁にいれてあげると本格中華の香りに近づけます。

豚のチャーシューの調理風景【写真あり】

漬け汁を作る

豚肉以外の材料をフライパンにいれ、弱火にかける。

白い細かい泡がでてきたら、5分ほど煮てから火をとめる。グラグラと沸騰させないようにご注意を。

唐辛子なんかをいれておくと、辛口のチャーシューを作れる。いろいろな香辛料をいれ、あなた好みのチャーシューを作ろう。

豚肉に味を染み込みやすくする

豚肉の塊は、まさに肉塊。表面にしか漬け汁が染み込まない可能性がある。そこでフォークや金串で豚肉にまんべんなく穴をあけておくと、漬け汁が染み込みやすくなる。穴をあける専用の調理器具を使って、肉に穴をあけていく。

肉に穴をあける調理器具は、肉質を柔らかくする効果もある。

ビニール袋に豚肉と漬け汁をいれる

漬け汁がビニール袋にいれることができる温度になれば、豚肉と漬け汁をビニール袋にいれる。

なるべくビニール袋から空気をぬき、きっちりしばる。ビニール袋を水に漬けると空気がよく抜けるよ。ちょっとメンドくさいけどね。漬け汁が漏れないように注意しましょうね。

お湯を沸かし、ビニール袋をいれる

シャトルシェフに2リットルほどの水をいれ、強火にかけ、2cmほどの泡がボコボコあがってくるまで火にかける。火をとめ、豚肉と漬け汁をいれたビニール袋を、そっとシャトルシェフ内のお湯に沈める。

シャトルシェフを保温容器にいれ、2~3時間ほど保温すれば、豚のチャーシューの出来上がり。

シャトルシェフで豚肉のチャーシュを作る利点として、ビニール袋を使っているので、ローストポークを一緒に作れたり、別の料理を作ることもできます生卵をいれておけば、温泉卵を作ることもできます。たまに失敗して普通のゆで卵になったりしますがね。

豚のチャーシューを食べる

手に持つとじんわり熱いビニール袋をシャトルシェフからとりだし、ビニール袋から豚のチャーシューをとりだす。

残った漬け汁に、ゆで卵をいれておけば煮卵になるヨ。

豚肉の塊を、お好みの大きさに切り分ける。豚肉の内部が、赤かったり、赤黒いときはもう1度、豚肉を茹でてくださいね。豚肉の生食ダメ絶対

豚のチャーシューは、あけられた穴が痛々しく、恐怖感を覚える人がいるかもしれない。豚の脂は白く、内部の肉は薄紅色になっている。豚肉の表面は焼いてもいないのに、ほどよい焦げ茶色になっており、食欲をそそる。

香りは醤油の甘じょっぱい匂いに、八角のぷわぁ~んとクセになる香りが混ざっている。匂いを堪能しながら、ガブッと噛んでみると、豚のチャーシューの表面はしっとりしているが、内部はザクっといった食感だ。とろけるほど柔らかくはなく、歯で噛みちぎるほど硬くはなく、中間の硬さになっている。豚のチャーシューを噛んでいると、肉を食べているなという歯ごたえを堪能し、肉を飲み込むと、肉をしっかり食べたなと、ニッコリご満悦になった。

ねり辛子や、一味、ラー油で食べると、ビールがすすむ、一品になる。

らーめん

チャーシューといえば、らーめん。

自家製の中華麺をゆで器にいれ、漬け汁でつくっておいた煮卵もトッピング。どんっと豚のチャーシューをトッピング。

豚のチャーシューをかじる、麺をすする、煮卵をかじる。口の中が濃くなってきたら、長ネギでリフレッシュさせる。黒胡椒やラー油、お好みの調味料を好きなようにかけてやろう。

「へいっ、らっしゃい」お家でラーメン屋を開業中です。

チャーハン

らーめんと来れば、チャーハン。ゴロゴロと巨大なチャーシューがはいっている、チャーハン。

写真を撮って見返して気づいたのだが、チャーシューが多すぎなような。チャーシューにちょっとお米もはいってますよ状態。

チャーハンを食べているというより、チャーシューを食べている感じしかしない。

シャトルシェフで豚肉のチャーシューを作った感想【まとめ】

シャトルシェフを豚肉のチャーシューを作るのは、とても簡単でした。

漬け汁を作って、ビニール袋に豚肉と漬け汁をいれ、シャトルシェフにお湯をいれ、保温させるだけで豚肉のチャーシューを作ることができます。

シャトルシェフに豚肉をいれておくと、ほったらかしでチャーシューを作れるんです。ほったらかしにしてる間に、ほかの料理を作ったり、別の作業をできます。

シャトルシェフを使わない焼豚の作り方も書いてます。

コメント