ソーキ|沖縄料理【圧力鍋使用】お手軽スピィーディレシピ

料理

沖縄料理のソーキ。圧力鍋を使ったソーキの作り方を紹介しています。

調理時間は1時間30分~2時間で、ソーキが完成します。

圧力鍋を使うことで、短時間でトロトロな肉質、骨から肉がふわぁっ~とはなれるんです。

ソーキを器にのせ、お酒のあてにするもよし、ご飯や麺類にのせるもよし。

ソーキを作るときにできるスープは、炒めものに足すと美味しくなったり、ゆで卵をスープに漬けこんでおくだけで煮卵が作れたり、再利用方法たくさん。

ソーキ|調理工程

  1. スペアリブを焼く
  2. スペアリブを圧力鍋で煮る
  3. スペアリブを圧力鍋で味付けする
  4. ソーキの完成

ソーキ|材料|2~3人分

  • スペアリブ:400g~500g
  • 泡盛:200cc
  • しょうゆ:100cc
  • みりん:100cc
  • 黒糖:大さじ5
  • ネギ・しょうが:適量

泡盛は日本酒や焼酎で代用できますが、泡盛を使うことで沖縄感あふれだすソーキになるんです。

黒糖も白砂糖でもいいのですが、黒糖をつかったほうがコクと味に深みがプラスされます。

ソーキ|作り方|写真つき

スペアリブを焼く

サラダ油(分量外)をひいたフライパンで、スペアリブを中火で焼く

スペアリブの4面に焼き目をつける。サイバシやトングでスペアリブをたて、スペアリブに横面にも焼き目をつける。

油がハネる可能性があるので、火傷に注意。

スペアリブを圧力鍋で煮る

圧力鍋に焼いたスペアリブとネギとしょうがをいれ、スペアリブがヒタヒタにつかる水(分量外)をタップリ圧力鍋にいれる。

圧力鍋のフタをし、圧力が掛かるまで強火。圧力が掛かったのを確認したあとは、圧力が抜けないよう中火~弱火で20分

20分後、火を消し圧力鍋の圧力が抜けるのを待つ。

圧力鍋のフタをあける。

スペアリブを煮たスープを捨てるのはもったいない、ラーメンや沖縄そば、スープなど色々な料理に使える、別容器に保存しておく。スープは冷蔵庫にいれ保存すると1週間ほど持つ。

スープを冷蔵庫で冷やすと豚の油が固まる、油っぽいスープは嫌だ、ダイエット中なのヨ。

豚の油をポイっしちゃおう。コッテリ油っぽいのが好きな人はそのままスープを使う。

スペアリブに味付けする

圧力鍋に泡盛:200ccをいれる。泡盛は大きい酒屋さんなら泡盛コーナーがある。

しょうゆ:100ccみりん:100cc黒糖:大さじ5をくわえる。

スペアリブがヒタヒタに漬かっているか確認する。スペアリブが漬かっていなければ泡盛:しょうゆ:みりんを2:1:1の割合で圧力鍋にくわえる。

圧力鍋のフタをし火にかける、圧力が掛かってから10分

ソーキの完成|食べる

圧力鍋の圧がぬけたら、フタをあける。

器にソーキを盛りつけ、ソーキの完成。

さっそくソーキをいただく。泡盛の甘い香りが鼻をくすぐる。大きい口をあけ、豚の骨に注意しながらソーキに歯をいれる。

歯に無抵抗なソーキの肉、ほぐれるように肉が骨からはがれる。コロンと骨を別皿にだす。

豚の甘味がやさしいソーキ、味付けは最小限のソーキ。ちょっとソーキの味が物足りないな。とかんじたら、コーレグースやヒハツをふりかけると沖縄感がまし味の変化を楽しめる。

煮汁を再利用

ソーキを煮た煮汁を捨てるのはもったいない、別容器にいれ冷蔵庫で保存する。冷蔵庫保存で1~2週間つかえる調味料になる。

野菜の炒めもの、チャーハンや麺のスープに使うと美味しい。沖縄そば風を作るときに活躍するさぁ。

ゆで卵をつけておくと、豚の甘味をかんじる煮卵になる。

二日目のソーキと煮卵。なぜか二日目のソーキは味が染み込んで、美味しくなってるカレー法則が発動する気がする。ソーキはちょっと温めてから食べてね。

カンタンにゆで卵が作れる調理器具はコチラ

ソーキそばの作り方

ソーキを作ったときに残ったスープと煮汁を使って、ソーキそばを作っている記事はコチラ

ソーキ|圧力鍋で作った感想|まとめ

圧力鍋をつかうことで、ソーキを1時間30分~2時間ほどで作れました。圧力鍋で爆発したり怖いイメージあったのですが、いままではソーキを作るのに4時間以上かかっていましたが、半分以下の調理時間に短縮。

鍋で長時間煮込んだソーキと、圧力鍋で作ったソーキの味の違いがわかりませんでした。舌が敏感な人は違いがわかるのかもしれませんが、敏感な舌をもっていないので圧力鍋ソーキで十分おいしいです。

圧力鍋で時短調理生活はじめました。

コメント