豪州産牛ランプで作るハンバーガーの作り方【コストコ産】じぶんで作ったハンバーガーは新鮮な驚きを味わえる。

料理

コストコで売っている豪州産ランプ肉を使い、ハンバーガーの作り方と食べた感想を書いています。

塊肉をミンチにするには、ミンサーを使えば楽々とミンチにすることができるでしょう。ミンチにされている牛肉と、じぶんで作った牛肉ミンチのちがいは、目隠しをしていても分かるほどの肉汁に差があります。いちどでも自家製牛ミンチを食べたあなたは、自家製ミンチの虜(とりこ)になっているでしょう。

牛の塊をミンチにし、こねて、焼き、バンズやパンで挟めば作ることができる、ハンバーガーの作り方を紹介さしてもらいます。あなたの自宅がハンバーガーショップに大変身。

ハンバーガーの調理工程

  1. 牛肉をミンチにする
  2. ミンチをこね、丸める
  3. 牛肉を焼く
  4. パンズやパンに挟み、出来上がり

ハンバーガーの作り方【写真あり】

牛肉をミンチにする

ドンっと音が聴こえそうな、どデカいランプ肉の塊を使いハンバーガーのパティを作る。

近くの店で、牛肉の塊なんて手に入らないよ。ご安心ください。豪州産の牛の塊を迅速におくってくれるミートガイさんがいます。ローストビーフを作ったとき、ミートガイさんにお世話になりました。

牛肉の塊を1cm~2cmほどの、さいの目切りにする。お好きなだけ、牛肉を切り用意しましょう。

さいの目切りにした牛肉を、ミンサーにいれる。

ミンサーのハンドルをぐるぐる回すと牛肉が押し出され、刃できられ、小さい穴をとおり、ミンチ状になってポロポロと落ちてくる。

5~10分後、ミンサーの中の牛肉をかきだし、ミンチにする作業終了。牛肉の塊をミンチにする作業は終わりですが、ミンサー内を洗う作業はちょっとメンドくさいです。

ミンチをこね、丸める

ミンチにした牛肉の重量をはかり、牛肉の重量の1%の塩をいれる。

岩塩を使ったほうが、味に深みがでて、ミネラル分も摂取できる。

手を使わずに、めん棒やゴムベラでミンチをこねる。手でこねると牛ミンチが、手の熱で低温火傷のような状態になってしまい、牛ミンチをまとめたときにパサパサになるときがある。

めん棒で餅つきのように、ゴンゴンと牛ミンチを突くようにこねる。ゴムベラや木ベラは切るように牛ミンチを押しつけてこねよう。こねていくと、どんどん牛ミンチが粘り気をおびてくる。

めん棒に牛ミンチがしっかり吸着するようになれば、こね作業の終了だ。めん棒にくっついた牛ミンチもしっかりボウルに戻しておく。

ミンチを丸める

きれいに丸いパティを作るのはむずかしいので、文明の力をつかい丸いパティを作る。ハンバーガープレスといい、肉をいれプレスするだけで丸いパティができるの便利な調理器具だ。

ハンバーガープレスにオリーブオイルをひき、指でのばす。手にオリーブオイルをひろげ、お好みの量の牛ミンチをとり、パンパンッと右手、左手と交互にたたきつけ空気を抜き、ハンバーガープレスにいれる。空気を抜かないと、バラバラに分裂してしまう可能性がある。

ハンバーガープレスの黒い取っ手をもち、空気をぬいた牛ミンチをゆっくりプレスしてやる。

ゆっくり慎重に牛ミンチをとりはずす。ややガタガタしている丸い牛パティの出来上がりだ。

ミートプレスを使えば、おなじ大きさのパティを、ハンコを押すように量産することができる。

牛肉を焼く

牛パティの焼き方は高温で、じゅぅじゅぅと焦げ目をつけ、サッと焼き上げるの好みだ。

煙がでるほどの、温めた鉄フライパンに油をひき、一気に牛パティの両面を焼きあげる。両面に焼き目をつけたあと、おちょこ一杯の水をいれ、フタをして蒸し焼きにする。失敗のすくない焼き方だが、水をいれたとき油がハネるので、火傷にご注意を。

七輪をつかい、真っ赤に燃やした炭の火力で一気に焼き上げる方法。牛パティから余分な油がおち、油が落ちた炭からは牛の焦げた匂いと炭の香りが、牛パティが薫り高くなる。

牛の脂がおち、炭から火がゴウっとあがったときは、金網ごと牛パティを退避させ、燃え上がった部分に水鉄砲や手を使い水をつかい消火させる。アッというまに焼けるが、アッというまに焦げることもある。火と人間との真剣勝負。

左側の色が白く見えるパティは、ラム肉を使ったパティだよ。

パンに挟み、出来上がり

焼きあがった牛パティを、バンズやパンに挟んでやればハンバーガーの出来上がりダ。あなた好みの材料を挟みこみ、オリジナルバーガーを作り、ガブッと堪能しようじゃないか。挟み方の一例を紹介してみよう。

半分に切ったベーグルにマヨネーズをぬり、レタスをひき、牛パティをおく。

スライスチーズをのっけると、牛パティの熱でチーズが溶け、牛パティにからみつく。

目玉焼きなんかものっけたりして。

半分に切ったベーグルをのせ、ビーフバーガーの出来上がりだ。

子ども、ハンバーガーにまっしぐら。残像がのこるほどの、はやさで一気に食いつく。

のは冗談として。

肉汁がジワッとバンズに染み込み、牛の塊から作ったパティをひと噛みすると、ここまで味の主張をするのかと、しきりに感心します。ハンバーガーのパティ、一点豪華主義。ハンバーガーの主役はパティなんだなと気づかされた牛パティだった。

牛パティを引き立てる具材をいろいろと変化させれば、無限にハンバーガーを楽しむことができるだろう。

パンズやパン、ソースや香辛料、いろいろと試し、好みのハンバーガーを自宅で作りあげようと思う。

牛ランプでハンバーガーを作って食べた感想【まとめ】

牛肉の塊から、ハンバーガーを作るのは、ミンサーを使えば想像以上にカンタンに作れた。

牛肉の塊をミンサーでミンチにして、こねて、焼くだけで、お子様から大人まで楽しめるハンバーガーを自宅で作ることができる。

自宅で作るので、ハンバーガーに挟む具材は自由自在だ。好きなものをたっぷりと挟み、あなた好みのハンバーガーを作り上げることができる。

コメント