【 コストコ 】ジョンソンヴィル オリジナル グリラー【 レビュー記事 】アメリカンなBBQに思いを馳せる。アレンジレシピもあり

コストコ

この記事は、ジョンソンヴィル オリジナル グリラーを食べた感想・アレンジレシピを書いています。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーはコストコで買いました。コストコ商品ですが、アッというまに食べ終えました。「もっと食べたい」と思ったジョンソンヴィル オリジナル グリラー。

お値段もお手頃、冷蔵庫にいれておけば、賞味期限は1ヶ月ほどあります。

ソーセージ好き、コストコ会員であれば、手にとってもらいたい商品。豚肉そのものをガブりと噛んだような食感。アメリカン雰囲気のBBQに思いを馳せませんか。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーの特徴

日本のスーパーで売られている一般的なソーセージと比べると、1本の大きさは2倍ほど。1パックに4本。2パックセットで売っています。

原材料名は、日本のソーセージと変わらなそうです。1パック200g、1本50g。

買ったときのお値段は700円ほど。100gあたり175円ほど。

賞味期限は買った日から計算して1ヶ月ほどありました。

調理するときは、袋から取り出してください。こんなことも書かないとダメなのかとビックリ。言われたとおり袋からとりだし食べていきましょう。

ハサミの位置はここ。あのね、でもね、ここをハサミで切るとね、いちばん上のソーセージも切れちゃいますから。表を見て、ちょっと上を切ると、ソーセージを、チョキンと切っちゃう心配はなくなります。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーを焼く

フライパンで油をひかずに弱火~中火で焼いてください。

引用元:ジョンソンヴィル オリジナル グリラーのパッケージ

油をひかずにフライパンにならべます。フライパンの直径が23cm、深さは4cm。

長さは15cm、直径は2cmほどでしょうか。フライパンで焼く必要がないほど皮にうっすらと焦げ目がついています。

プツプツと脂がしみだしてくるので、油をひく必要はありませんね。ころころと転がしながら、お好みの焦げ目をつけましょう。加熱後包装と書かれていますので、そのまま食べることも可能ですが、やはりパリッと焦げた皮、おツユがあふれでてくるアツアツをはふはふと食べる。これが一番だと思います。

なんて、美味いんだ!

日本のソーセージの皮にくらべると、朴訥、粗野、ボソッとしています。ほんとうに肉汁をとじこめるための皮。しかし、食べていて皮が邪魔だなと思うことはありません。

プリッと感ではなく、ゴワッとした小さい肉の塊がたくさんあり、その肉の塊ひとつひとつから豚のおツユがあふれでてきます。かぎりなく豚肉の粗びきミンチにちかい味。

「脂ギッシュでくどくないのか」と言われると、チッともくどくありません。かなりの香辛料がねりこまれているのか、すこし辛く鮮烈と感じるほどの香辛料の味・風味、ブラックペッパーかトウガラシ的な刺激的で爽やかな香りが、お口の中を清らかなにしてくれます。

そして、食欲を刺激し、もう1本食べようという気持ちにしてくれるのです。

機械など工場で作られていると思います。だが、どこか手作り感あふれる味。豚の肉の旨み・脂をいかし、香辛料をきかせたジョンソンヴィル オリジナル グリラー。

コストコ商品なのに、大人2人だと1パック、すこし物足りないんですわ。そこで2パックセットにしているのだな、うんうんと納得しました。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーのアレンジレシピ

スモーク【 燻製 】

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーはお肉感、コスパ最高の商品です。

しかし、食べていて、ナニかが足りないと感じました。なんだろうと考えたところ、そうだスモーキー感だ、燻製の香りだ。これがあれば最高になるにちがいない。そこでジョンソンヴィル オリジナル グリラーをスモークしてみました。

まずは、ジョンソンヴィル オリジナル グリラーを乾燥させます。乾燥させることで、燻煙の香りと色つきがバッチリになるのです。

フードドライヤーという調理グッズで乾燥させましたが、干物ネットなどで乾燥させてもよいでしょう。しっとりしていた表面が、さらりとしたら乾燥終了。

  1. 段ボールを用意する
  2. 段ボールの上部に棒を2本さし通す
  3. 金網にジョンソンヴィルをのせる
  4. 2本の棒の上に、ジョンソンヴィルをのせた金網を落ちないようにのせる
  5. 耐熱容器を段ボール下部におく
  6. スモークウッドに火をつけ、耐熱容器におく
  7. 段ボールのフタをしめると燻製開始
  8. スモークウッドから燻煙がでなくなれば、段ボールのフタをあける
  9. スモークウッドをきっちり消火する

スモークウッドとは、火をつけると、よい香りをだすお香のような燻製グッズ。その煙で食材を燻し、燻製食品にします。

ガスバーナーで火をつけました。火をつけるとき、火傷にはくれぐれもお気をつけください。

スモークウッドから煙がでているのを確認し、耐熱容器のうえに置きます。段ボールのフタをしめれば燻製開始。写真の長さのスモークウッドで2~4時間ほど燻製可能。

スモークウッドから煙がでなくなり、スモークウッドに水をかけるなどして消火します。段ボールから金網をソッと取りだす。

燻製が終わったばかりの食材は苦く酸っぱい。そこで、風に1~2時間ほどあてることで、香りがおちつき、いつものあの燻製の香りになります。

スモークの香りのするジョンソンヴィル オリジナル グリラーの出来上がり。

さてさて、これをそのまま焼いても燻製の香りがするおいしいことでしょう。

ここでもうひと手間。燻製の香りはよいものです。日本人としては、炭火の香り。これまたよい香りの一つでしょう。

スモークしたジョンソンヴィル オリジナル グリラーを七輪で焼きます。スモーク&炭火、これ究極にして至高のタッグ。

炭火の遠赤外線であぶられた皮。汗をかくように、ぽつぽつとでてくる豚のおツユが、下にする~っと落ち、赤々とした炭にあたり、ジュン、ジュワン、ボゥ。

独特のあの香りの煙が、ジョンソンヴィル オリジナル グリラーをもう1度燻す。

ベーコンのような香り、どっしりとした肉感あふれるソーセージに野生の官能を呼び覚ます。アメリカンなBBQに酔いしれよ。

一本足りない?撮影するまえに食べたよ。

ピラフ

ニンニクを油でいため、そこにジョンソンヴィル オリジナル グリラーの輪切りをいれ豚脂がでてくるまでいためる。米をいれ、半透明になるまでいためる。

米と同量の水と塩を少々いれ、沸騰させてからフタをする。水がなくなり、パチパチとする音がするまで中火で煮る。

お好みで水と一緒にコンソメなどをいれてもよいのですがが、ジョンソンヴィル オリジナル グリラーの肉のエキスパワーを信じるのです。肉のエキスを吸いこんだ米、それはそれはもう。

パスタ

小細工なし、無骨で粗野、大雑把、肉と炭水化物のTHE男飯。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーをフライパンでいため、袋に書かれている時間どおりゆでたパスタをフライパンに投入。チャチャッと混ぜあわせ、塩胡椒で味をととのえる。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーは香辛料がきいてるので控えめに。ニンニクや唐辛子を足してもよし、なんなら目玉焼きを足すのもよいでしょう。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーは肉感があります。まるで肉のコマ切れ・粗びきミンチを食べているような錯覚を覚えます。

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーを食べた感想【 まとめ 】

ジョンソンヴィル オリジナル グリラーのお値段は700円ほど、1パック200g×2、1本50g。100gあたり175円。

機械製造なのに、手作り感あふれるソーセージです。豚肉のおツユたっぷり。香辛料がバチコーンときいており、脂がもたれることはありません。香辛料に刺激され、1本、2本、3本、4本、1パック丸々とと食べたくなってきますヨ。

コストコ商品にしては、少量です。賞味期限は1月ほどあるので、1家族でも食べきることができるでしょう。

デカい!ワイルド!でもヘルシー!BBQを盛り上げろ!【ミートガイ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました