干し貝柱を自宅で作る!!フードドライヤーならボタン1つで作れる。

料理

干し貝柱を自宅で作る方法を書いています。

刺身用の貝柱を、フードドライヤーをつかい乾燥すると干し貝柱になるんです。

干し貝柱って買うと高いですよね。お手頃価格の刺身用の貝柱を干し貝柱にすると、お財布にとても優しい。

むずかしいことは、一切なし、フードドライヤーに貝柱をいれて、ボタンをポチっと押す。数時間後には干し貝柱の完成です。

欠点として、フードドライヤー代金が5、000円ほどかかります。10回ほど、干し貝柱を作れば元はとりかえせるでしょう。

フードドライヤーは、ほかの使い道もできますしね。ドライフールツつくったり、ドライトマトつくったりと大活躍。一家に一台フードドライヤー。

干し貝柱の作り方

刺身用の干し貝柱を買ってきて、フードドライヤーに並べます。

日本酒をすこしかけてあげると、貝柱の風味がよくなるでしょう。

使っているフードドライヤーは、乾燥温度を35℃~70℃まで設定できます。

乾燥温度は70℃に設定。さっそく乾燥開始。フードドライヤーのフタをしめ、スタートボタンを押す。

4時間後、外側はかわいていますが、触ってみると内部はグミのようにプニっとしています。

さらに4時間、フードドライヤーで乾燥させた貝柱コチラ。カッチンカッチンの貝柱になりました。

8時間干し貝柱ができました。

市販してる干し貝柱にくらべると、厚みがない干し貝柱です。

保存容器にいれ冷蔵庫で保存してください。市販品の干し貝柱は常温保存できますが、自作干し貝柱は念のため冷蔵庫で保存しましょう。

後ろの赤い物体は、ドライトマトです。貝柱と一緒に作りました。

大きいホタテをつかい貝柱を作った

乾燥時間は小さいホタテより長めです。

どうでしょう、市販の貝柱とおなじぐらいのぶ厚さの貝柱ができました。

とっても満足し、ニッコリ。

干し貝柱を使ったレシピ

らーめん

  1. 干し貝柱と干しシイタケを、300ccほどの水に6時間以上漬けておく
  2. 水をグツグツと煮て出汁をとる
  3. 醤油や鶏がらスープの素で味をととのえる
  4. 中華麺をゆで、器にいれておく
  5. 干し貝柱スープを器にそそぐ
  6. 貝柱や椎シイタケ、ネギ、紅しょうがをトッピング

干し貝柱からでる出汁を使った、お手軽海鮮らーめん。

“あっさり”した味のらーめんです。

炒り卵

干し貝柱を日本酒につけておく。水と半々でもよい。

12時間以上、漬けておく。

干し貝柱を細かく切り、酒と一緒にボウルにいれる。

卵を3つ割りいれる、カチャカチャとまぜ、フライパンで焦げつかないように、木べらなどで混ぜながら炒める。火力は弱火、テフロンのフライパンを使うと焦げつきにくい。

炒り卵の完成。

卵の甘さと干し貝柱の甘さが合わさった炒り卵。優しい甘さでお口を癒してくれる一品。ちょっと刺激と色がほしいかたは青ネギをちらす。

もっとガツンとした刺激がほしいかたは黒胡椒がオススメ。

干し貝柱を作った感想|まとめ

干し貝柱を天日干しで作ろうとして、何度か貝柱を腐らした経験があるんです。

フードドライヤーをつかえば、8時間ほどで貝柱を作れるなんてビックリ。

もっと早くフードドライヤーを買っておけばよかった、と後悔。いやいや、これからドンドン干し貝柱を作って、料理に使うぞ~。

コメント